スタッフ全員が国家整備士資格取得を目指します!

当社では、スタッフ全員が国家整備士資格取得を目指し、整備の基本を学び、日々経験を重ねて業務にあたっています。
お客様の大切なオートバイを親切、丁寧に、適確に整備いたします。
両店舗とも国家整備士資格を持ったサービススタッフが勤務しております。(国家二級自動二輪車整備士3名、国家三級自動二輪車整備士1名)
また、スタッフ自身もオートバイに乗るライダーです。
お客様の目線に立ってメンテナンスのご提案をさせていただきます。
 
 
オートハウス三浦本店
 
三留 秀夫
(国家二級自動二輪車整備士、検査員主任者、ヤマハYTAシルバークラス、普通救命講習)
 
三留 大裕
(国家二級自動二輪車整備士、ホンダHMSE1級、ホンダ二輪保証修理判定員、保険募集人資格)
 
峰松 稔

(国家三級自動二輪車整備士資格取得中)
 
鈴木 誠
(国家三級自動二輪車整備士)
 
 
オートハウス横須賀浦賀
 
東海林 勝
(国家三級自動二輪車整備士、ヤマハYTAブロンズクラス、保険募集人資格)
 
廣江 大輔
(国家二級自動二輪車整備士、ホンダHMSE3級、ホンダライディングアドバイザー、ヤマハYTAシルバークラス、低圧電気取扱者、危険物取扱者乙種4類、普通救命講習、保険募集人資格)
 
鈴木 辰徳
(保険募集人資格、国家三級自動二輪車整備士資格取得中)


無資格でも整備業務はできる?

二輪車の整備士は、一人前に整備するためにも経験を必要としていますが、経験と同時に知識も必要です。
 知識がなければ整備できない場合も多く、勉強して知識を身につけておかなければ一人前の整備士になることができません。
そのためにも資格取得は絶対条件とも言えますので、無資格で続けていくのではなく、取得を目指して経験を積むよう努力しています。
 
 
○無資格で出来る整備業務
ガソリンスタンドや整備工場のサービスとして行っている、タイヤ交換やエンジンオイル交換などは資格を持っていなくても出来る作業になっています。
 
 
○資格が必要な整備業務
二輪車を分解修理するためには資格が必要となります。
具体的に整備士資格が求められる作業とは
・タイヤ以外の足廻りに関わる部分
・エンジンの分解
・点検整備
などになります。

特に足廻りに関わる部分は、何かしらの問題が発生してしまうと命に関わる問題に発展してしまいます。
知識や技術を必要としている部分に関しては整備士の資格が必要となり、さらに場合によっては検査員資格を取得している人の完成検査が必要となってきます。